性病の検査はどこでできるの?

投稿日:

直近に思い当る性行為があり、体調に異変を感じたりした際には性病への感染を疑い不安になってしまうことがあるものです。

そのような時には、性病への感染の不安を抱えただやみくもに悩んでいるよりも一度検査をし不安を払拭したほうが精神衛生上及び自身の健康のためにもよいでしょう。

ただそうした際にまず疑問に思うことはどこで性病の検査をできるのかということではないでしょうか。

性病検査には現在以下の3つの方法があります。

病院

まずはじめに誰もが考えるのが病院での検査でしょう。来院し、性病検査をしたい旨伝えると検査をしてもらえます。

性感染症科(性病科)・婦人科・泌尿器科・皮膚科などの診療科において検査が可能です。病院で検査を行う際には検査料の他に初診料や診察料が必要です。また症状がなくただなんとなく不安だという理由で検査を受ける際には健康保険の適用がされない場合が多いです。

病院で検査してもらう際のメリットとしては、検査後性病への罹患が発覚した場合にはそのまま治療へ移行できるということがあげられます。ただデメリットもあり普段働いている方などは病院の診療受付時間に行くことが難しかったり、病院や時間帯によっては長い待ち時間がかかったりと時間が取れない方も多いのではないでしょうか。また病気の内容が内容だけに対面での検査はあまり望ましくないという方もいるでしょう。

保健所

全国の自治体では保険所を主とした機関で、無料の性病検査を行っています。また名前などを告げる必要はなく匿名で検査を受けることが可能です。

保健所で行われている性病の検査は主にHIVを対象としており、全ての性感染症の検査が可能なわけではありません。またこちらも病院での検査と同様で検査が行われているのは平日の昼間の時間帯が多く、検査の日程自体も月に2~4回程度と多くはないことに加え検査の人数にも限りがあります。例外的に土日に行っている自治体もありますが基本的に昼間働いている方は保健所で検査を受けることは難しいのではないでしょうか。

無料で検査できるということはかなり大きなメリットだとは思いますが、検査の項目や日程が限られるというデメリットもあります。

HIV検査相談マップ(厚生労働省)

上記リンクより全国の自治体で行っている性病検査の場所や日程及び項目等を確認できます。

検査キット

検査用の器具がセットになっているキットを購入し、自身で検体を採取後それを専門の検査機関に郵送し検査する方法です。検査機関に検体が到着後最短で2日という短期間で結果がわかります。

検査方法は病院で行うものと同じで制度の高いものです。

忙しくて検査に行く時間がない方でも自宅で自分の都合に合わせて行えるため利便性が高くおすすめです。また匿名で検査を受けることができるため誰にも知られたくないという方も安心です。

自覚症状があまりない場合でも、病院での検査のように大げさなものではないため気軽に行える点も大きなメリットでしょう。


-未分類

Copyright© 初めてでよくわからない性病検査の不安や疑問を解消していくサイトです。 , 2017 AllRights Reserved.